それでも好きだよ。

赤いリボンもきりりと!

きみのスマイルはひまわりの100倍まぶしい

放置っていうかもうブログをやっていたことを忘れていました…

急に書き始めた理由はある転機が訪れたからです。

 

いまをときめくMr.KINGの永瀬廉くんに落ちました。

 

去年の春、岡田くんに出戻りし、

ちょこちょこ他のジャニーズ子もをチェックし、

ずっと平野紫耀くんとふたり、気になってた彼でした。

少クラは見ないところはばっさり編集派ですが

彼のところはSZとWESTとともに残して専用ディスクを作っていて、

そんな気になる彼のEXシアターの公演の申し込みメールが。

(どうせVコンないし)振り込まずに申し込めるなら、と彼の出ている公演すべて申し込み、

初日のチケットを手に入れました。

 

しかし、仕事の都合がつかず行けなくなってしまったので

交換に出したけど見つからず(そこそこいい番号だったのに開始前は需要がなかったらしい)

まぁまた今度会いに行けばいいか、と母にチケットを譲り

永瀬廉くんのクリアファイルをおみやげに帰ってきた母の第一声。

「絶対見に行ったほうがいいよ。」

 

セットリストを見るとアメフリ→レインボー、Explosion、ブリュレ…

次の日は休み、まだチケットはたくさんある

ということで即チケットを手配し、ひとりで六本木へ。

 

ほんとにまさしく圧倒されました。

すごいよくできる子たちの集まりなのは知ってた、

かっこいいのも知ってた、それなりに予想してた、

でもその予想をはるかに上回るクオリティの高さ。

いや細かくいえばまだまだ詰めが甘いところもあるけど、

あのなんとも言えないきらきらした感じはいまの彼らじゃないと見られないものだなぁと。

1つ前の記事の儚いものと同じだけど

久しぶりに、そういうものをみたなぁと。

 

先輩Gの解散報道を見てしまうとこんな悠長なこと言えないかもしれないけど、

Vは半永久的にあるであろうっていう変な自信があるので

Vコンでは見ることができない景色でした。

その安定感も好きなんだけどね。

 

正直サマステ入るまで、紫耀くんと廉くんどっちを推すか決めてなくて、

っていうかそんなに深入りするつもりがなかったから決めなくていっかって思っていたんだけど

ステージに立ったときの廉くんのスタイルがどストライクすぎました。

 

おかだくんが好きで、こんなこと言うのはちょっと迷うけど

細身の人が好きで、筋肉質な人はあまり好きではなくて…笑

紫耀くんは結構がっちりしてて、あ、廉くんだって、始まってすぐ思いました。

まぁもちろんそこだけではないんだけど、最初はここでしたね。

 

歌ってる声も好き、話してる声も好き、

がんばって仕切ってるけどちょっと頼りなさそうなとこも好き、

手足が長いなぁとか、いま決め顔()してたけど、そのあと目を伏せたところがかっこいいなぁとか、

いろいろ思いながら見ていましたが、そんなときこの日の決定打。

 

バルコニーから廉くんがわたしに向かって手を振っているではありませんか。とっても笑顔で。

 

もう彼を推すしかないなと思いました。(単純)

Vヲタって、ほんとにレスに慣れてないなって思いました。

もちろんいただけるのであれば嬉しいけど

彼らが完璧なパフォーマンスをしてくれるなら、レスなんていらない!って思っていましたから。

レスをもらってファンになるなんて初めてで、え、いいの?わたし?ってかなり戸惑いましたが、

たしかにグッズのペンライトの弱い光は赤色で、なんとなく持っていったゆいかおりのキンブレも赤く点灯してましたけど。

 

周りは青色ばっかり、そして帰り道ももれなく手を振って帰った彼にまんまと完全に落ちました。

ちょろいヲタクです。ありがとうございました。

 

帰ってシフトとにらめっこしながら、さらにチケットを手配。

はぴさま()を満喫しております。

 

次に行った公演は指定席だったのですが、

バルコニーに、来たときに両手でハートを作って

わたしの反応を見て笑うっていう

最高にSっ気満載なレスをもらい、もうこの人から逃れられないと確信しました。

彼の自分のファンを探す能力はすごいなぁと思ったし、

見つけてもらえるのも、嬉しいんだなって新しいジャニヲタの楽しさを発見しました。

美しすぎる彼を遠くから見つめてるだけでも楽しいけど。

 

でも、これは担降りではないので、かけ持ちになるのかな。

まぁ別に彼氏ではないし、彼らからすれば勝手に推してればいいだけなんだけど、

まぁでも推す方はいろいろ考えますよね。

 

でもおかだくんと廉くんをかけ持ちしてるのはわたしだけだとおもう。笑

他にも同じ人がいればぜひお友達になってほしいです。

 

チケットが半券になっていってしまうのは寂しいですけど、

思いがけずに楽しい夏、彼とふたりで駆けていきたいと思います。